何の知識も考えもない頃に買って、使っていた収納用品やグッズなどが不要になってくるのは、片づけが上手くなっている証拠(^^)v
そのことは、嬉しいことだけど、これらの次の使い道に悩むこともしばしば。壊れていないので、できれば他の場所で使いたい…
でも、要らないモノが大物になる程、最初の目的以外の場所で上手く活用できることがほとんどない、ことも何度も経験しているからわかる。となると、使うあてのないモノを取っておくスペースを考えると処分がベストな選択。


こんな時、今までは気持ちのどこかで「何でちゃんと考えもせず買ったのだろう…」と自分を責めていたけど、少し前から「偉いよ~昔の私!片づけたくて健気に頑張っていたのね」と自分を持ち上げる術を覚えた(^^ゞ
そうすることで、処分する時のマイナスのイメージがなくなった。 よし!こうなったら、完全にプラスのイメージになるまでひたすら過去の自分を褒めてアゲアゲしてしまうのもひとつの手だ。
モノを処分する時に、過去の自分の未熟さに引きずられないで前に進むには「自分を大肯定」も必要だと思う。ホント、自分アゲOKの単純な性格で、我ながら助かっている(またしてもアゲアゲか~い!)

〈ひとりごと日記〉の記事