春は始まりの、何か嬉しい季節。

新年の始めの厳粛なイメージとはまた違って、ふわ~と気持ちが前に向く感じが好きです。




そんな感じから何かを始めたくなる季節でもあります。

私達なら、すかさず、「皆さん、片づけを始めましょう!」となりますね。



でも、「片づけを始めましょう」だけでは、言葉足らずなので、片づけが始まると「スッキリするだろうな」と漠然と暮らしやすさの楽しみを想像することはできても、その先に自分の世界を作る楽しみがつながっていることは想像しにくいですね。



片づけに関わっている人間は暮らしを作っていく楽しみを知っています。

なので、皆さんが片づけを始める時には、これが最初の楽しみに、さらにはもっと先の大きな楽しみにつながっている、とわくわく感を持っていただきたいと思っています。

片づけが進んでいく楽しみは、ただ単に、家の中がすっきり整うことだけにあるわけではありません。

「探しモノがなくなった」「二度買いをしなくなった」など、日々の暮らしからのマイナスが減ることを実感できるのももちろんですが、整理や収納を通じて自分の持ちモノを管理できる力がついてきたのを実感できることにもあります。



この管理力がついてきたと自分でわかるようになる頃には、暮らしを作る下地もでき上がってきています。



もう値段や他人の価値観に振り回されなくなっています。

なので、好みのインテリアスタイル、自分テイストのモノの選び方、買い方に迷いがなく、自分に合った快適空間を作り上げる楽しみになっていきます。



こうした楽しみがさらにワンランク上の「暮らしを自分色に彩る」楽しみにつながっていくと思います。

片づけの一歩目がいろいろな楽しみへのスタートになることを信じてみてください。



また、片づけのスピードは人それぞれです。

急ぎたい方もいれば、ゆっくりひとつひとつの達成感を味わいながら進みたい方もいらっしゃるでしょう。



大切なことは「続ける」こと。

時には立ち止まってもいいのです。

ご自分のペースを守りながら無理せずに続けていくことで必ず形になります。



「若き日の 夢に誘(いざな)ふ 春の風」

春はやはりいいですね。春風の誘いを受けてひとつ前へ!

一緒に頑張りましょう   


I’m behind you ! 

〈片づけを考える〉その他の記事を下記よりご覧いただけます

(2021.3)