書店でふと昔聴いていた「ラジオ英会話」のテキストが目に入った。
時間に追われているのに「聴いてみよかな~」と自分でも不思議なノリで、スタート(^^)v

当然のことながら、錆びついた頭では、基礎さえも抜け落ちていて聴いていても「あれ?」が頻繁に出てきて心許ない(焦っ!)
そこで、何十年か振りに英語の文法書を買った。学生の頃に比べて、話すために必要なポイントが明確に書かれているのでよくわかる!


実はつい何年か前に、「たま~に使うモノ」&「思い出のモノ」として残しておいた学生時代に使った文法書を「使っていないモノ」に考え直して処分した。
もし、この本を処分していなかったら、今頃、引っ張り出して古い情報を読んでいたはず。そして、また、早々に挫折…だったかも。

図らずも手放してあったことで、よい結果になったと思う。
書籍の類いは、日進月歩。これ、本当だね。
いつか、さり気なく「May I help you ?」を使ってみたいな。今は夢語りだけど少しずつ頑張ろう!(何かが私を駆り立てている?)

〈ひとりごと日記〉過去の記事