5月の土曜日に「男性のための家事支援講座」で男性の皆さんに「片づけ」を話した。

今や男性も女性と同じ様に家事全般に関わる時代。それは「やらされる」のではなく「一緒にやっていく」というスタンス。



多くの男性がその様な思いで真剣に受講くださったことに驚きと感動と感謝。


気分よく帰宅してみれば、家には「家事」などどこ吹く風の夫。昼食に使った鍋や食器がシンクにそのまま置いてある。

2年くらい前から休日の昼食だけは自分で好きなものを作る様になった(私にもくれる)けど、作るだけで後片づけはしない…のよね(^^ゞ



夫の家事について言えば、ほとんど、というか全く「しない」。「できない」のかも…。

家事をしてこなかったのだから、家事能力がないのは当たり前だ。でも、これは私にも問題がある。手を出されると面倒なので、ついつい何でも私がやってきてしまったから…。

ホント、「殿さま」状態….。

夫は何もしてくれないが、家の中がどんな状態になっていても、食事の時間がズレてしまっても、一切文句を言わない。

だから、逆に切り札の「私も忙しいのだからあなたも少しは(家事を)やって!」が言えない。これも夫が家事をする機会をなくしていく原因だったかも…



でもね~…さすがにここままじゃマズイ…。でも、どのような手順で一人前にしたらいいの?私はその間、黙って見守ることができる? 

とりあえず、先輩お姉さん方にでも聞いてみよう…。


「今日は夫が家事担当日。私、ゆっくりしています(^^)v」の微笑み写真をインスタにアップできる日は果たして来るの?どうかしら?

〈ひとりごと日記〉の記事